【オールバージョン版】WoT&WoWsのMOD導入方法を解説!

­image006この記事では、WOTに於けるMODで全てに共通する導入方法となります。これを知っておけば、いちいち個々に入れ方を調べなくても済むようになります。それでは早速やり方というか考え方を綴っていきたいと思います。

World of Tanks

1,MODをダウンロードして解凍しておく。
(大体は「.zip形式」か「.rar形式」がほとんどである。)

2,WOTの「res_mods」フォルダーにインストール作業を行う。
「res_mods」フォルダーの場所は、自分がWOTをインストールした場所になります。場所が不明な場合は、デスクトップ上に出ているWOTのショートカットを右クリックし、「ファイルの場所をく」から、開くこともできます。

私の場合は「C:\Games\World_of_Tanks\res_mods」になります。そしてその中には現バージョンの書かれたフォルダーがあります。
(例:「現在0.9.15.1.1とする」以下このバージョンで記述します。)

さらにその中にはデフォルトでは「readme.txt」のみが入っています。まだ何もMODを入れてない状態の場合はこれで正常です。

さて、いよいよインストール作業に入っていきます。

ほとんどは「World_of_Tanks/res_mods/0.*.*(現行Ver番号)/」の中に、DLしたMODを解凍すると入っているフォルダ を、其々所定の場所に入れるだけで大抵のMODは導入することができます。基本的には入れる場所をフォルダ名を頼りに合わせるだけでよいです。

ですが、例外もあります。一つ例をあげるとしたら、「XVM」などですね。結構有名ですが・・・これは「0.9.15.1.1」フォルダーと同じ場所に置くものもあります。

入れ方参考動画

注意点

幾つか期おつけなければならないこともあるので上げておきます。wikiの方に詳しく書いてあったので参照します。実際にMOD導入をする際は以下のことにさえ気をつけていれば何も心配することはありません。しっかり知識をつけておきましょう。

/World_of_Tanks/のresと、res_modsを間違えない事。
resは基本システムが入っており、ここにMODを入れると動きはするが外す事が非常に難しくなる。
resを複写保存して置いて入れ替えるか、上書き保存しないタイプでもない限り、最悪再インストールになるので手を出さない様にしよう。
MODの一部にはresフォルダを含んでおり、resフォルダへの上書きを求められるものもある。その際には必ずresフォルダのバックアップを取って置こう。大抵の物はres_modsに入れても動くのでresに入れる前に其方に入れて試してみるのもよい。
by World of Tanks Wiki

res_modsはMOD用に優先適用されるファイルが収まる場所であり、ここはどんなに弄ろうとresには悪影響を及ぼさないので、MOD導入に失敗しても最悪中身全消しでリセットを計れる。入れる場合は此方にしよう。

DLしたMODフォルダがres_modsというフォルダ名なら、そのままコピーしてres_mods/のある場所に上書き保存で導入できる。

DLしたMODフォルダが”gui”, “scripts”, “text”, “vehicles”などの名前だった場合、自分で/World_of_Tanks/res_mods/0.*.*/の中に入れる必要がある。
by World of Tanks Wiki

追記になりますが、新バージョンへの対応が遅れていて一つ古いバージョンしかない場合は、一度現バージョンのクライアントで動くかどうかテストしてみるのもいいかもしれません。たまに動いてくれるものもあるようです。で、入れてみて動作が不安定になったり、予期せぬバグなどが発生した場合はすぐに外してください。

World of Warships

WOTもWoWsも同じWargaming社が開発しているものなので、仕様はほとんどかわりません。またここで同じ説明をずらずら書くのもちょっと嫌なので割愛します。基本的にWOTと入れ方は同じです。少しファイル名は変わってきますが、ファイル構成は似たようなものです。導入するときに階層さえ間違えなければ大丈夫です。

一応入れ方参考動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です